容量無制限で高速通信ができる WiMAXルーターの魅力

SIMフリーモバイルルーターは通信費を安くおさえることができるが、通信量に制限がある。そのため、知らないうちに制限容量を超えてしまい、通信速度を制限されてしまう恐れがある。

 

その場合、せっかくLET対応のSIMカードでも低速の通信しかできないということが十分に起こり得る。

 

そうしたリスクを避けるためには、容量を気にせず高速通信ができる「WiMAX」専用のルーターを選んだ方がいいだろう。

 

圧倒的な通信速度?! 「WiMAX」は本当に使えるか?

 

「WiMAX」とは、容量制限がなく、下り最大40Mbps/上り最大15.4Mbpsの高速通信ができるサービスだ。

 

現在では、さらに進化した「WiMAX2+」のサービスが開始されており、下り最大110Mbps/上り最大10Mbpsの高速通信が可能になっている。

 

ただし、「WiMAX2+」の方は、「WiMAX」と比べて対応エリアが十分に広いとはいえない。また、容量が無制限なのは、2年間だけで、その後は、1ヶ月に7GBの容量制限がかかる。

 

それから忘れてはならないのは、通信にかかるコストだ。使い放題のコースの場合、月額で3696円かかる。スマートフォンとの維持費と合わせると決して安い値段だとは言えないだろう。

 

「WiMAX」のルーターを使う場合は、自宅でも使うなどして通信費を安く済ます工夫が必要だ。